製品概要/機能紹介

製品概要

  • 看護必要度の煩雑なチェック作業を軽減するHファイルの入力チェック機能や、DPCデータから看護必要度Ⅰ、Ⅱを試算する従来の機能が、より便利に使いやすくなっただけでなく、各種新機能の搭載によりさまざまな角度から看護必要度の傾向を可視化し、詳細な分析を可能にするアプリケーションです。
  • クラウド型サービスのため、インターネットに接続可能な端末であれば院内のどこからでもアクセスでき、ソフトウェアの更新作業といった手間もかかりません。
    また、制度改定などにも迅速に対応しているため、常に最新の情報で分析することができます。

機能紹介

  • Hファイル・EFファイルのチェック

患者別に看護必要度の記録を可視化します。DPCデータ(様式1、EFファイル)を用いて、Hファイル(A項目とC項目)でのオーダー漏れや評価漏れがないか可視化し、「どの評価項目」で「どのような理由」の過小・過大が発生しているのかを確認できます。月途中でも、病棟単位、症例単位、日単位で確認できるため、日常的にチェックし適切な看護必要度の評価につなげることができます。

 

  • 看護必要度Ⅰ・Ⅱの試算

厚生労働省公表のマスタを使用し、DPCデータ(Hファイル、EFファイル)から看護必要度Ⅰ、Ⅱを試算します。入院料、病棟、診療科、症例単位まで確認できるため、病院内の傾向を把握し、具体的な対策につなげます。

 

  • ダッシュボード

基準割合の日別推移をグラフを用いて一目で把握いただけます。

  • 投薬分割

入院中患者への投薬情報を日毎に分割してシミュレーションいたします。
今後搭載予定の新機能

  1. 看護必要度 評価項目可視化
  2. 帳票
  3. ベンチマーク

無料トライアル

「カンゴッチ+(プラス)」を30日間無料でご利用いただけます。

看護必要度の正確な記録と適正評価を支援するクラウド型看護必要度分析アプリケーションを、ぜひご体験ください。

※無料トライアル版では一部の機能のみご利用いただけます。
※無料トライアルへのお申込みは、一病院様一度限りとさせていただいております。
※無料トライアル終了後、有料版への自動切り替えはございません。
「カンゴッチ+(プラス) 」有料版は別途お申込みが必要です。

ご利用の流れ

無料トライアルご利用の流れ 

  1. お申込みはこちらからお申込みください
  2. お申込みいただいたメールアドレス宛にログインURLとID、パスワードをご案内いたします※お申込みから一週間程度
  3. インターネットに繋がる端末よりURLにアクセスしログインしてください
  4. 必要なデータファイルの取込をおこなってください※2020年4月以降のデータに対応
    必須:Enファイル、Fnファイル、Hファイル
    任意:Dnファイル、様式1ファイル
  5. ご利用開始いただけます

 

※無料トライアル実施期間は利用開始から30日になります

動作環境

「カンゴッチ+(プラス)」は下記の環境にてご利用いただけます。

◆インターネット接続ができる端末
インターネットに接続できるPCをご用意ください。

◆対応OS / ブラウザ
OS : Microsoft Windows (Microsoftによる現行サポートバージョンに準じます)
※いずれも64bit機であること
ブラウザ : Google Chrome 83以上 (推奨)
       Firefox ESR 最新版
CPU : OS が快適に動作する環境
メモリ : 4GB以上
解像度 : 1024×768以上を推奨

 

本サービスは厚生労働省・総務省・経済産業省による
医療情報システムに関するガイドライン(3省2ガイドライン)に準拠した
安全管理規定および実施体制を整備して提供しております。

サービス仕様適合開示書_カンゴッチ+

製品情報

「カンゴッチ+(プラス)」有料版製品情報

 

【利用料金】

初期費用: なし
月額費用: 1床~199床 30,000円 (見積書
200床~399床 35,000円 (見積書
400床~ 40,000円 (見積書
※届出許可病床数
※表示はすべて税抜き価格です。
※年度単位でのご契約となります。
※年度途中からのご契約も可能です。
MENU